イベント報告

2017.01.16 Monday

LINEで送る INSTAGRAM

第一回目をスタートさせる、ご当地にスポットを当てた初の映画祭。
「静岡県で撮影された映画」をテーマに、映画上映やゲストを招いたトークシーを開催。
また、県内で活躍する「映画人」や「クリエーター」も合わせてご紹介していきます。
昨年大好評だった「ふじのくに映画トリビアチャレンジ2016」も同時開催!!




ふじのくに映画祭2017CM

ふじのくに映画トリビア チャレンジ2016

映画の日」の記念キャンペーンとして「静岡県内で撮影された映画」をテーマにした
『ふじのくに映画トリビア』を作成しました。難問・珍問満載の映画雑学20問にチャレンジしてください!


協力:静岡県フィルム・コミッション連絡協議会(トリビア作成)
主催:生活衛生同業組合 静岡県映画興行協会

ふじのくに映画祭・プレイベント 大好評にて終了しました。
2016/11/19(土)
泣き虫ピエロの結婚式

配給:スールキートス 会場:シネシティ ザート
ゲスト:御法川 修(映画監督)・望月 美由紀(原作者)

「誰かを笑顔にすること、自分が笑顔でいること」これは、静岡出身のプロ道化師・望月美由紀さんの実話に基づく感動の物語です。監督も静岡人。

惑う After the Rain

配給:アルゴ・ピクチャーズ 会場:シネプラザ サントムーン
ゲスト:「NPO法人みしまびと」×林 弘樹(映画監督)

ご当地先行上映!「地域の未来をつくる人をつくる」地方創生プロジェクトの一環として、約1万人の市民参加による長編映画が遂に完成!

ふじのくに映画祭・イベントプログラム ※全て有料上映
2017/1/22(日)〜 3/2(木)

※日時や詳細、一部調整中の作品は、HPにて随時更新します。 
※ゲスト及び舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

1/22(日)惑う After the Rain
ロケ地:三島市

ゲスト:林 弘樹(映画監督)
ゲスト:NPO法人みしまびと
MC:神田えりこ(フリーアナウンサー)
会場:静岡東宝会館CINE4(6F) TEL.054-252-3887

林 弘樹監督の「ふるさとがえり」は全国で1222回・累計15万人の心を繋ぐ上映会が行われています。その魂を受け継ぐ最新作が登場。


林 弘樹(はやし ひろき)

1974年埼玉県生まれ。助監督として黒澤清、北野武、和田誠監督の元、現場で働く。 全国各地での地域密着型映画製作で、今まで数十万人の人を巻き込み、日経地域情報化大賞MJ賞、地域づくり総務大臣賞団体賞などを受賞。

MC:神田えりこ(フリーアナウンサー)


上映日時:2017年1月22日(日)15:00~
※上映後にトークショー(30分程度を予定)

鑑賞チケット料金:通常の窓口料金です。

2017年1月11日(土)より静岡東宝会館1Fの
チケット売場にて先行販売を開始します。
※電話、WEBでの予約はできません。

※『惑う After the Rain』は1月21日から2週間の公開です。
※映画祭特別トークショーは1月22日の15時の回のみです。



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:アルゴ・ピクチャーズ
2/4(土)ライク・サムワン・イン・ラブ
ロケ地:静岡市

ゲスト:堀越 謙三(プロデューサー、ユーロスペース代表)
ゲスト:ショーレ・ゴルパリアン(通訳、フィルムコーディネーター)
MC:川口澄生(シネギャラリー副支配人)
会場:静岡シネ・ギャラリー TEL.054-250-0283

アッバス・キアロスタミ監督追悼上映、キアロスタミは「SHIZUOKA」に何を感じたのか?


堀越 謙三
(ほりこし けんぞう)


1945年東京生まれ。『スモーク』の制作にて、ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞。第23回川喜多賞受賞、2009年芸術文化勲章を受章。

ショーレ・ゴルパリアン

イラン出身。主な作品は『アフガン零年』『CUT』など。79年に来日。イラン映画や中近東映画の翻訳・紹介に努めている。


上映日時:2017年2月4日(土)
15:00~16:55上映(10分前開場)
※上映後トークショー(30分程度)予定

鑑賞チケット料金:
一般一律1,500円(当日1,800円)
会員一律1,000円(当日1,400円)(税込)

※限定55名、自由席、途中入場不可、各種割引・招待券使用不可
前売券完売時は当日券なし。
当日整理券への交換が必要です。。

詳しくは、静岡シネ・ギャラリー『ライク・サムワン・イン・ラブ』上映情報



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:ユーロスペース
2/5(日)青い青い空
ロケ地:浜松市

ゲスト:太田 隆文(映画監督)
MC:青陰悦子(フリーライター)
会場:藤枝シネ・プレーゴ TEL.054-668-9511

「向日葵の丘 1983年夏」の太田隆文監督の幻の作品と言われた浜松が舞台の青春書道映画。後半1時間は涙と感動の連続!

太田 隆文(おおた たかふみ)

1961年和歌山県生まれ。監督作4本の内、3本(『青い青い空』『朝日のあたる家』『向日葵の丘・1983年夏』)を静岡県で撮影。 涙と感動の青春映画を得意とする。大林宣彦監督が最も期待する次世代監督の一人。


上映日時:2017年2月5日(日)15:00~
※上映後にトークショー(30分程度を予定)

鑑賞チケット料金:一律1,500円(全席指定席)

途中入場不可、各種割引・招待券使用不可
1週間前よりネット予約が可能です。



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:青空映画社
2/11(土)百合子、ダスヴィダーニヤ
ロケ地:浜松市、掛川市、島田市、静岡市、沼津市、伊豆の国市、
    函南町、熱海市、伊東市

ゲスト:浜野 佐知(映画監督)
ゲスト:清水 唯史(フィルムサポート島田)
MC:椿かおり(女優)
会場:静岡東宝会館CINE4(6F) TEL.054-252-3887

原作の沢部ひとみさんは御前崎市出身、まさにオール静岡!


浜野 佐知(はまの さち)

徳島県生まれ。71年に監督デビューし、84年に映画製作プロダクション(株)旦々舎を設立。以後、プロデューサー兼任、「性」を女性の側から描くことをテーマに400本を越す作品を発表。静岡市在住。

MC:椿かおり(女優)


上映日時:2017年2月11日(土)15:00~
※上映後にトークショー(30分程度を予定)

鑑賞チケット料金:一律1,500円(全席指定席)

途中入場不可、各種割引・招待券使用不可
2017年2月4日(土)より静岡東宝会館1Fチケット
売場にて先行販売を開始。
※電話、WEBでの予約はできません。



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:旦々舎
2/12(日)夏ノ日、君ノ声
ロケ地:オール牧之原市

ゲスト:神村 友征(映画監督)
ゲスト:八木 康仁(静岡まきのはらフィルムコミッション)
MC:神田えりこ(フリーアナウンサー)
会場:藤枝シネ・プレーゴ TEL.054-668-9511

目指すは地域と密着した映画作り。
牧之原市がそれを可能にしてくれました。


神村 友征(かみむら ともゆき)

1980年愛知県生まれ。脚本家・渡辺千明に師事し脚本を学ぶ。2014年から映画製作を開始し、短編映画『後ろむきの青』では第4回知多半島映画祭で準グランプリを獲得。 『夏ノ日、君ノ声』で劇場映画デビューとなる。

MC:神田えりこ(フリーアナウンサー)


上映日時:2017年2月12日(日)15:00~
※上映後にトークショー(30分程度を予定)

鑑賞チケット料金:一律1,500円(全席指定席)

途中入場不可、各種割引・招待券使用不可
1週間前よりネット予約が可能です。



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:ユナイテッド・エンタテインメント
2/18(土) 幕が上がる
ロケ地:富士市、富士宮市

ゲスト:本広 克行(映画監督)
ゲスト:勝山 浩和(NPO法人フィルムコミッション富士 理事長)
MC:椿かおり(女優)
会場:静岡東宝会館 TEL.054-252-3887

映画製作にフィルムコミッションが総力バックアップ、静岡県の魅力と可能性を凝縮させた1本!


本広 克行(もとひろ かつゆき)

1965年生まれ。香川県出身。代表作は2003年公開『踊る大捜査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』実写邦画興行収入記録歴代一位の座を獲得。 近年は演劇の演出やWeb動画の世界にも進出と活躍は多岐にわたる。

MC:椿かおり(女優)


上映日時:2017年2月18日(土)15:00~
※上映後にトークショー(30分程度を予定)

鑑賞チケット料金:通常の窓口料金です。一律1,500円(全席指定席)

途中入場不可、各種割引・招待券使用不可
2017年2月4日(土)より静岡東宝会館1Fチケット
売場にて先行販売を開始。
※電話、WEBでの予約はできません。



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:ティ・ジョイ
3/2(木) ハルチカ(2017年3月4日劇場公開)
ロケ地:静岡市清水区

ゲスト:市井 昌秀(映画監督)
MC:神田えりこ(フリーアナウンサー)
会場:MOVIX清水 TEL.054-355-1400

物語の舞台は清水!遂にアニメから映画実写版になって登場!


市井 昌秀(いちい まさひで)

1976年、富山県生まれ。2004年、初の長編作品となる自主映画『隼(はやぶさ)』が、2006年第28回ぴあフィルムフェスティバルで準グランプリと技術賞を受賞。2013年『箱入り息子の恋』では日本映画監督協会新人賞に輝き、劇場大ヒットも記録した。

MC:神田えりこ(フリーアナウンサー)


上映日時:2017年3月2日(木)18:00~
※上映後にトークショー(30分程度を予定)

鑑賞チケット料金:通常の窓口料金です。(全席指定席)

途中入場不可、各種割引・招待券使用不可
1週間前よりネット予約が可能です。



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:KADOKAWA

2016.12.28 Wednesday

静岡に『重低音体感上映』初上陸
シネシティ ザートがEV製スピーカーX-LINE ADVANCEのサブ・ウーハー「X12-128」を導入

・静岡のシネマコンプレックスに初上陸となる重低音体感上映
・2016年大晦日に第一弾として『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を上映

東京-ボッシュセキュリティシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区)は、静活株式会社(本社:静岡県静岡市)が運営するシネマコンプレックス「シネシティ ザート」に音響設備としてElectro-Voice(以下、EV)製サブ・ウーハー「X12-128」が導入されたことを発表します。(引用- プレスリリース「ゼロ」

詳しくはこちらをご覧ください。

2016.11.30 Wednesday

静岡県では、静岡県青少年のための良好な環境整備に関する条例に基づき、
青少年の健全育成のために特に有益であると認められる図書類について、
静岡県青少年環境整備審議会の意見を聴いた上で、優良図書類及び優良映画として推奨しています。



静岡県告示第1026号


静岡県青少年のための良好な環境整備に関する条例(昭和36年静岡県条例第55号)第7条第1項の規定により、
青少年の健全育成のために有益なものとして、次の映画を推奨した。

平成28年11月29日 静岡県知事 川 勝 平 太


青少年にとっての優良推奨映画 1件
映 画 名配 給推 奨 理 由
 惑う After the Rain   アルゴ・ピクチャーズ  挙式前日を迎えた長女、シングルマザーとなった次女、貧しいながらも女手一つで娘たちを育てた母親。 ストーリーは時代を遡りながら、この家族に隠された秘密と、強い絆で結ばれた家族愛を描き出していく。 三島市を舞台に、市民参加型映画プロジェクトで製作された。豊かな人間性、家族・地域・郷土を愛する心を育む作品として、小学校高学年以上の青少年に推奨する。

●静岡県告示第1026号(PDF)→
●静岡県公報 第2862号(平成28年11月29日)→


2016.07.04 Monday

去る平成28年6月21日(火)、静岡市葵区のホテルアソシア静岡に於いて理事会、通常総会が開催されました。
終了後の懇親会では、興行・配給会社あわせて約50名もの人数が集まり、映画談義に花を咲かせました。

開催は榎本常任理事の乾杯でスタート。6月総会後の親睦会は興行・配給合わせて50名弱の盛大な集まりとなりました。 今回は江崎亮介氏(静活)より、「Cinema Con」の報告がありました。
当日が森岡理事長の誕生日ということでサプライズ!
東宝多田さんの合図にて、バースディを全員でお祝い。
最後は懇親会恒例となりました、江崎副理事による閉会の挨拶と、締め「ファイト一発!」を全員で。

2016.02.12 Friday

LINEで送る



「ふじのくに映画トリビア チャレンジ2015」にご参加いただき、ありがとうございました。
お待たせしました!ランキング発表と正答解説です。


今回残念ながら、トリビアを全問正解した覇者は現れませんでした!
そのかわり、20問中19問正解が9名、18問正解が9名、17問正解が10名といった、
想定外に高いハードルのバトルとなり、本当にびっくりしております。
まさに紙一重の点差で上位のランキングが争われた形となりました。
(※3点未満~0点の方は割愛させていただきました。)

ランキング1位から3位のランカーで、招待券の応募を希望された方から抽選で、劇場招待券を送らせていただきます。
(発送をもって完了とさせていただきます。)

1位
グリ
女性
静岡市葵区
そらはる
男性
周智郡森町
だいず
女性
静岡市清水区
泰光さん
女性
浜松市浜北区
ぷぷ
女性
静岡市駿河区
マオマオ
女性
田方郡函南町
たろう
男性
藤枝市
ハムの助
男性
静岡市駿河区
なぁな
女性
御前崎市

2位
yukorin
女性
静岡市駿河区
きんめ
女性
藤枝市
あい
女性
沼津市
ジェラト
女性
静岡市葵区
コンケルド
男性
島田市
wasted13
男性
静岡市清水区
ちょびsuke
女性
静岡市駿河区
ゴンザ
男性
静岡市清水区
わかちゃん
女性
裾野市
ひな
女性
島田市
みにた
女性
焼津市
二代目ハム
男性
静岡市駿河区
グレース宝
男性
静岡市駿河区
はくぱぱ
男性
浜松市浜北区
とも
女性
静岡市駿河区
なべさん。
男性
磐田市
しずまこ
男性
島田市
ミユマム
女性
磐田市

3位
クリーパー
男性
藤枝市
ゆるん
女性
富士市
うみねこ
男性
焼津市
kenken
男性
藤枝市
jr
男性
静岡市葵区
whochan
女性
富士市
颯ちゃんママ
女性
掛川市
タンタン
男性
静岡市清水区
ばし
女性
焼津市
mika
女性
富士宮市
だい
男性
浜松市中区
αtsu
男性
浜松市中区
たろう
女性
静岡市葵区
きみちゃん
女性
浜松市東区
タケ坊
男性
裾野市
胡麻
女性
沼津市
マスクマン
男性
静岡市葵区
コレ
男性
富士市
ゆみ
女性
静岡市清水区
ももいくみん
女性
静岡市駿河区

4位
かつどん
女性
藤枝市
michikun
男性
静岡市清水区
此花
男性
浜松市中区
aki
女性
静岡市駿河区
アイロン
男性
静岡市葵区
macaron
女性
浜松市中区
うさこ
女性
三島市
とほ
男性
浜松市中区
白木
男性
静岡市葵区
kazzy
男性
浜松市東区
masaki
女性
浜松市南区
ぶーにゃん
女性
磐田市
いけぴー
女性
静岡市駿河区
夏みかん
女性
伊豆の国市
aka-pon
男性
静岡市駿河区
出木杉のびた
男性
静岡市清水区
y_0077
男性
静岡市葵区

5位
まままーちゃん
女性
沼津市
thwft64
女性
掛川市
マルトモ
男性
静岡市葵区
まんちゃん
女性
掛川市
mi
女性
御殿場市
宝玉
男性
熱海市
池谷
女性
静岡市駿河区
本郷猛
男性
沼津市
kiyo
女性
静岡市駿河区
のたねん
女性
湖西市

6位
パンダ
女性
マツトモ
女性
ちゃば
女性
TRUE
女性
ももちゃん
女性
ゆきひげ
男性
ろみ
女性
むーちょ
女性
naochan
女性
カンフーコアラ
男性
パルータ
男性
さとばあかあさん
女性
Pon
女性
あけみーぬ
女性
ゲンカズ
男性
らん
女性
オオエ
男性
あおさん
男性
平均(たいらひとし)
男性
ミニサヨ
女性
ベッチー
男性
かず
男性
ケロタ
女性
バンビ
女性
はなさん
男性
なかちな
女性
映検1級
男性
こも
男性
鉄腕kazu
男性
YASU
男性
ヤスダ子
女性
ばなこ
女性
たー
男性
のそ
女性
どんこ
女性
もっち
女性
ティラピア
男性
ゆうみー
女性
ぺち
女性
ともちん
女性
うらうら
男性
ぐるマッキー
男性
すほりん
女性
あけ
女性
かえくん
女性
土坪元雄
男性
hiro
男性
ましお
女性
べべ
女性
こそ
女性
さおり
女性
福福
男性
かーず
男性
kao
女性
ぐう
男性
ミッコ
女性
なべ
男性
yu-ka
女性
いくぼっくり
女性
サクラ
男性
むた
女性
伊藤
男性
どんどん
男性
ねこ
女性
きなこ
男性
ムーバー
男性
ペコちゃん
女性
すいすい
女性
ひで
男性
はにぃ
女性
ニトロ
男性
えだ
女性
みずちゃん
女性
るいる
女性
Nonon
女性
マサフミ
男性
きゅうちゃん
男性
ぽちお
女性
ちーやん
女性
くりかな
女性
さぶろう
男性
ぱにお
女性
ゆうちゃん
女性
くんすけ
女性
ayaka
女性
タカ
男性
しぃちゃん
女性
Hirooo
男性
akkiipapa
男性
管理人
男性
くぼけん
男性
らぱん
女性
冷凍みかん大好きっ子
男性
ほーみー
女性
じゅの
女性
シャイン
男性
マチルダ
女性
るぱ
女性
ピーディー
男性
べく37
男性
山内
男性
れんれん
女性
ゆか
女性
なおちゃん
女性
ラグナ
男性
aqua
男性
きくりん
男性
まんぞくさん
女性
もも
女性
とうべえちゃん
男性
ふじこ
男性
もっさん
男性
Gina
女性
manamie
女性
トミー
男性
まさまさ
女性
ゆう
女性
ゆり
女性
SKYMAIL510
男性
しげさま
男性
よしも
女性
カズタカ
男性
かどっち
男性
peesan
男性
きらら
女性
ジン
男性
okazu2002
男性
み。
女性
うな
女性
yasu
男性
にゃご
女性

LINEで送る

2015.12.17 Thursday

静岡県に新型トルーパー襲来!



なんと、12月18日公開の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』より新型トルーパーがイオンモール富士宮に襲来!!
展示期間:12/5(土)~12/20(日)
展示場所:イオンモール富士宮1Fさくらコート

また12/12(土)、13(日)、12/18(金)~12/20(日)の5日間限定で
『新型トルーパーと一緒に撮れる記念撮影会』を実施!
実施時間:12時~16時(予定:コート側の告知でご確認下さい。)
実施場所:イオンモール富士宮1Fさくらコート
各種撮影グッズも用意していますので、ぜひご来場ください!
さらに、新型トルーパーと撮影しツイッターでつぶやくと
先着でオリジナルステッカープレゼント!方法が次の通り。
①新型トルーパーと撮影!
②ツイッターに写真を添付してつぶやく!
③ハッシュタグに「#スターウォーズ」「#富士宮」を入れる!
④ツイート画面を映画館スタッフに提示する!
⑤オリジナルステッカーをゲット!(限定数量)
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で静岡の地を盛り上げよう!

■ 作品紹介
映画を超えた史上空前のエンターテイメント『スター・ウォーズ』、その新たなる3部作の第一弾。『ジェダイの帰還』から約30年後を舞台に“全く新しい愛と戦いの物語”が描かれる。
砂漠の惑星で暮らす孤独なヒロイン、レイの運命はある出会いによって一変することに。旧シリーズの不朽のキャラクターたちに加えて、重要なカギを握るドロイドBB-8、ストームトルーパーの脱走兵フィンなどが登場。
世界中が注目する悪役は十字型のライトセーバーを操るカイロ・レン。


藤枝シネ・プレーゴ ↓

《ミレニアムファルコン
スタジオスケール プロップレプリカ》
実際の撮影で使用されたプロップモデルの精密レプリカ
《特設パネルボード》
メインビジュアル、キャラクター紹介、ストーリー解説でSWの世界を解説
© 2015 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved.
12月18日(金)18時30分 全国一斉公開

2015.11.20 Friday

「ふじのくに 映画トリビア チャレンジ2015」のお申込みは
終了させていただきました。
たくさんのご応募ありがとうございました。


正解とランキングの発表は現在作成中です。今しばらくお待ちください。


『ふじのくに 映画トリビア チャレンジ2015』
主催:生活衛生同業組合 静岡県映画興行協会
協力:静岡県フィルムコミッション連絡協議会(Q&A作成)



キャンペーン期間:2015年11月21日~12月末日

キャンペーン参加劇場:
■静岡県西部:シネマイーラ、TOHOシネマズ磐田、TOHOシネマズ浜松、TOHOシネマズ浜北
■静岡県中部:藤枝シネ・プレーゴ、静岡東宝会館、シネギャラリー、シネシティザート、ムービックス清水
■静岡県東部:イオンシネマ富士宮、シネマサンシャイン沼津、シネプラザサントムーン

静岡県映画興行協会加盟映画館はこちらをご確認ください→


正解とランキングの発表:2016年1月下旬を予定
上位回答者より抽選で55名様に鑑賞券をプレゼントいたします。

※アンケートに個人情報の記載が含まれますのでご了承ください。
※必要事項が未記入の物、記載内容が不適切と思われる回答は除外させていただきます。
キャンペーンのテーマ
静岡県内の各地で映画の撮影が行われ、県内各地の映画館で多くの作品が公開されました。
撮影には県内各地のフィルコミッション(以降FC)がサポートをおこなっており、
完成した作品の中で映画館のスクリーン写し出された地元の風景や人々はとても新鮮で印象深かったです。
今回は映画トリビア(雑学的な事柄や知識)と題して、静岡県フィルムコミッション連絡協議会にご協力いただき、
「静岡県内で撮影された映画」をテーマとしたQ&Aを作成しました。
このトリビアにチャレンジすることで、「静岡県内で映画撮影が行われている事」を知っていただき、
「劇場で映画を観ることの魅力」を深める事を目的としました。



2015.03.18 Wednesday



開催日程



2014年11月28日〜2014年12月31日

開催場所


静岡県内の加盟劇場(移動・アダルト専門を除く)
TOHOシネマズ浜松、TOHOシネマズサンストリート浜北、TOHOシネマズららぽーと磐田、シネマイーラ、
藤枝シネ・プレーゴ、静岡東宝会館、シネ・ギャラリー、シネシティザート、MOVIX清水、イオンシネマ富士宮、
シネマサンシャイン沼津、シネプラザ・サントムーン(シネマハウス新栄さんは不参加)

実施内容


本来ならば12月1日に向けて11月から実施したかったが、調整が遅れてしまい当日の1ヶ月となりました。
12月1日が全国規模の「映画の日」である事と静岡県映画興行協会の存在を広く認知させる事を目的として、静岡県の全加盟劇場が参加できる形式で行うこと、静岡県映画興行協会のHPを活用する事を実施条件として企画しました。
キャンペーン内容は「12月1日は◯◯の日」として◯を埋める形式。
本編上映前にキャンペーン映像を上映→答えは協会HPの応募フォームに投稿→応募者に抽選で招待券をプレゼント。
HPの応募フォームへの誘導はDCP映像・HP・印刷物(新聞広告、リーフレット、場内掲示物)。
各劇場には招待券5枚を協賛していただき、DCPのアタッチとリーフレットの配布に注力して行っていただき、応募の集計・招待券の郵送は事務局にて担当。
実施ツールについては

①新聞広告
11月30日の静岡新聞夕刊一面に全三段(全県版)を掲載、内容については上映作品やサービスディが加盟各劇場により異なる為、作品の告知を入れつつも「12月1日は映画の日」と、”静岡県映画興行協会”の組織名を全面に出して、加盟劇場全体のキャンペーンであることを強調。

②DCPの作成
28秒のキャンペーン映像を2K・フラットで自社作成、ギガファイル便にて各劇場に配布・ダウンロード。

③印刷物
キャンペーン用リーフレットを作成し各劇場に割当納品。

④ポスター・ポップ等
PDFでメールに添付して配布、必要に応じて各劇場で出力(HP誘導用バナーもJPEGを添付)としました。

⑤HP応募フォーム
静岡県映画興行協会のHP内にキャンペーンページを設置、無料で使用できる応募フォームを使用、リサーチ用のアンケート項目を設定しました。
静岡県は11月にイオンシネマ富士宮さんが入会し、静岡県内の大手シネコンチェーン、地元のシネコン、アート系単館を含む全ての加盟劇場が参加し、DCPを全スクリーンで上映する初のキャンペーンとなりました。
各劇場の支配人様も初の事例ということで、興味を持って積極的に参加していただきました。
今回はDCPを自作、HPを無料の応募フォームを利用する事で、実質経費は印刷物のみとなり、規模に対して省コストで行えたキャンペーンであると思います。
※DCPをアタッチする作品とタイミングに関しては各劇場の判断(上映時間の長い物、楽日の近いものは除外など)にお任せいたしましたが、事前の調整が間に合わず、TOHOシネマズ様3劇場のみDCPのアタッチがNGとなってしまい、劇場内の印刷物の掲示で対応していただきました。

実施効果


今まで新聞広告の掲載のみでしたが、今回はじめて双方向の参加型のキャンペーンを行えたことで、各劇場に対しても確実に効果を見える形に残す事が出来ました。
11月末にツール類の納品が間に合い準備が出来た劇場からスタートし、12月1日からHPへ応募がありました。
最終的に約300名の応募がありました。
最低限の告知と、応募のハードルが「静岡県映画興行協会」のHPであった事を考えると、非情に高いレスポンスのスタートであったと感じました。
応募者男女比は男性45%対女性55%、応募者の利用端末はPCから30%・iPhone+iPadが30%・Android系が40%。
全県レベルのキャンペーンとしては、省コストで劇場側の作業負担が軽く行える事、告知に関してはSNS等を連携させる等で注目度や効果も上がることが予想できるので今後も有効に活用したいと考えてます。

広報作成物


・『12月1日は映画の日』キャンペーン映像


・リーフレット

・ポスター


・ガイドライン

・新聞広告


・HP応募フォーム

2015.03.18 Wednesday

大正2年(1913年)に七間町通りに静岡市で初めて常設映画館が誕生してから100周年を迎えました。
静岡支部ではこの100周年を記念して様々な企画を実施しました。



ロゴマークを制作する他、「フィルムで銀幕に蘇る、日本を代表する6作品」と題し、
「シネシティザート」「静岡東宝会館」で「東京物語」「Shall we ダンス?」など6作品を上映。
料金は1作品500円。

また、告知として、B5チラシを制作、表のイラストは往年の映画看板を制作していた石原英男に依頼。
当時の活況を表わす画が好評を博しました。



●↑画像をクリックでPDFが開きます。

また、日本未公開作品オードリー・ヘップバーン主演の『マイヤーリング』を初上映したり、
静岡出身の映画監督・浜野佐知さん「百合祭」を上映。
同作品に出演したミッキー・カーチスさんを交えたトークショーも大いに盛り上がりました。
改めて映画のパワーや楽しさを実感できる記念イベントとなりました。

2015.03.18 Wednesday

浜松支部「シネマイーラ」支配人の榎本氏が映画『楽隊のうさぎ』を製作。
静岡県映画興行協会として協賛しました。