イベント報告

2017.01.16 Monday

LINEで送る INSTAGRAM

第一回目をスタートさせる、ご当地にスポットを当てた初の映画祭。
「静岡県で撮影された映画」をテーマに、映画上映やゲストを招いたトークシーを開催。
また、県内で活躍する「映画人」や「クリエーター」も合わせてご紹介していきます。
昨年大好評だった「ふじのくに映画トリビアチャレンジ2016」も同時開催!!




ふじのくに映画祭2017CM

ふじのくに映画祭・プレイベント 大好評にて終了しました。
2016/11/19(土)
泣き虫ピエロの結婚式

配給:スールキートス 会場:シネシティ ザート
ゲスト:御法川 修(映画監督)・望月 美由紀(原作者)

「誰かを笑顔にすること、自分が笑顔でいること」これは、静岡出身のプロ道化師・望月美由紀さんの実話に基づく感動の物語です。監督も静岡人。

惑う After the Rain

配給:アルゴ・ピクチャーズ 会場:シネプラザ サントムーン
ゲスト:「NPO法人みしまびと」×林 弘樹(映画監督)

ご当地先行上映!「地域の未来をつくる人をつくる」地方創生プロジェクトの一環として、約1万人の市民参加による長編映画が遂に完成!

ふじのくに映画祭・イベントプログラム ※全て有料上映 大好評にて終了しました。
2017/1/22(日)〜 3/2(木)

※日時や詳細、一部調整中の作品は、HPにて随時更新します。 
※ゲスト及び舞台挨拶は、予告なく変更になる場合がございますので、あらかじめご了承下さい。

1/22(日)惑う After the Rain
ロケ地:三島市

ゲスト:林 弘樹(映画監督)
ゲスト:NPO法人みしまびと
MC:神田えりこ(フリーアナウンサー)
会場:静岡東宝会館CINE4(6F) TEL.054-252-3887

林 弘樹監督の「ふるさとがえり」は全国で1222回・累計15万人の心を繋ぐ上映会が行われています。その魂を受け継ぐ最新作が登場。


林 弘樹(はやし ひろき)

1974年埼玉県生まれ。助監督として黒澤清、北野武、和田誠監督の元、現場で働く。 全国各地での地域密着型映画製作で、今まで数十万人の人を巻き込み、日経地域情報化大賞MJ賞、地域づくり総務大臣賞団体賞などを受賞。

MC:神田えりこ(フリーアナウンサー)


上映日時:2017年1月22日(日)15:00~
※上映後にトークショー(30分程度を予定)

鑑賞チケット料金:通常の窓口料金です。

2017年1月11日(土)より静岡東宝会館1Fの
チケット売場にて先行販売を開始します。
※電話、WEBでの予約はできません。

※『惑う After the Rain』は1月21日から2週間の公開です。
※映画祭特別トークショーは1月22日の15時の回のみです。



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:アルゴ・ピクチャーズ
2/4(土)ライク・サムワン・イン・ラブ
ロケ地:静岡市

ゲスト:堀越 謙三(プロデューサー、ユーロスペース代表)
ゲスト:ショーレ・ゴルパリアン(通訳、フィルムコーディネーター)
MC:川口澄生(シネギャラリー副支配人)
会場:静岡シネ・ギャラリー TEL.054-250-0283

アッバス・キアロスタミ監督追悼上映、キアロスタミは「SHIZUOKA」に何を感じたのか?


堀越 謙三
(ほりこし けんぞう)


1945年東京生まれ。『スモーク』の制作にて、ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞。第23回川喜多賞受賞、2009年芸術文化勲章を受章。

ショーレ・ゴルパリアン

イラン出身。主な作品は『アフガン零年』『CUT』など。79年に来日。イラン映画や中近東映画の翻訳・紹介に努めている。


上映日時:2017年2月4日(土)
15:00~16:55上映(10分前開場)
※上映後トークショー(30分程度)予定

鑑賞チケット料金:
一般一律1,500円(当日1,800円)
会員一律1,000円(当日1,400円)(税込)

※限定55名、自由席、途中入場不可、各種割引・招待券使用不可
前売券完売時は当日券なし。
当日整理券への交換が必要です。。

詳しくは、静岡シネ・ギャラリー『ライク・サムワン・イン・ラブ』上映情報



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:ユーロスペース
2/5(日)青い青い空
ロケ地:浜松市

ゲスト:太田 隆文(映画監督)
MC:青陰悦子(フリーライター)
会場:藤枝シネ・プレーゴ TEL.054-668-9511

「向日葵の丘 1983年夏」の太田隆文監督の幻の作品と言われた浜松が舞台の青春書道映画。後半1時間は涙と感動の連続!

太田 隆文(おおた たかふみ)

1961年和歌山県生まれ。監督作4本の内、3本(『青い青い空』『朝日のあたる家』『向日葵の丘・1983年夏』)を静岡県で撮影。 涙と感動の青春映画を得意とする。大林宣彦監督が最も期待する次世代監督の一人。


上映日時:2017年2月5日(日)15:00~
※上映後にトークショー(30分程度を予定)

鑑賞チケット料金:一律1,500円(全席指定席)

途中入場不可、各種割引・招待券使用不可
1週間前よりネット予約が可能です。



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:青空映画社
2/11(土)百合子、ダスヴィダーニヤ
ロケ地:浜松市、掛川市、島田市、静岡市、沼津市、伊豆の国市、
    函南町、熱海市、伊東市

ゲスト:浜野 佐知(映画監督)
ゲスト:清水 唯史(フィルムサポート島田)
MC:椿かおり(女優)
会場:静岡東宝会館CINE5(6F) TEL.054-252-3887

原作の沢部ひとみさんは御前崎市出身、まさにオール静岡!


浜野 佐知(はまの さち)

徳島県生まれ。71年に監督デビューし、84年に映画製作プロダクション(株)旦々舎を設立。以後、プロデューサー兼任、「性」を女性の側から描くことをテーマに400本を越す作品を発表。静岡市在住。

MC:椿かおり(女優)


上映日時:2017年2月11日(土)15:00~
※上映後にトークショー(30分程度を予定)

鑑賞チケット料金:一律1,500円(全席指定席)

途中入場不可、各種割引・招待券使用不可
2017年2月4日(土)より静岡東宝会館1Fチケット
売場にて先行販売を開始。
※電話、WEBでの予約はできません。



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:旦々舎
2/12(日)夏ノ日、君ノ声
ロケ地:オール牧之原市

ゲスト:神村 友征(映画監督)
ゲスト:八木 康仁(静岡まきのはらフィルムコミッション)
MC:神田えりこ(フリーアナウンサー)
会場:藤枝シネ・プレーゴ TEL.054-668-9511

目指すは地域と密着した映画作り。
牧之原市がそれを可能にしてくれました。


神村 友征(かみむら ともゆき)

1980年愛知県生まれ。脚本家・渡辺千明に師事し脚本を学ぶ。2014年から映画製作を開始し、短編映画『後ろむきの青』では第4回知多半島映画祭で準グランプリを獲得。 『夏ノ日、君ノ声』で劇場映画デビューとなる。

MC:神田えりこ(フリーアナウンサー)


上映日時:2017年2月12日(日)15:00~
※上映後にトークショー(30分程度を予定)

鑑賞チケット料金:一律1,500円(全席指定席)

途中入場不可、各種割引・招待券使用不可
1週間前よりネット予約が可能です。



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:ユナイテッド・エンタテインメント
2/18(土) 幕が上がる
ロケ地:富士市、富士宮市

ゲスト:本広 克行(映画監督)
ゲスト:勝山 浩和(NPO法人フィルムコミッション富士 理事長)
MC:椿かおり(女優)
会場:静岡東宝会館 TEL.054-252-3887

映画製作にフィルムコミッションが総力バックアップ、静岡県の魅力と可能性を凝縮させた1本!


本広 克行(もとひろ かつゆき)

1965年生まれ。香川県出身。代表作は2003年公開『踊る大捜査線THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』実写邦画興行収入記録歴代一位の座を獲得。 近年は演劇の演出やWeb動画の世界にも進出と活躍は多岐にわたる。

MC:椿かおり(女優)


上映日時:2017年2月18日(土)15:00~
※上映後にトークショー(30分程度を予定)

鑑賞チケット料金:通常の窓口料金です。一律1,500円(全席指定席)

途中入場不可、各種割引・招待券使用不可
2017年2月4日(土)より静岡東宝会館1Fチケット
売場にて先行販売を開始。
※電話、WEBでの予約はできません。



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:ティ・ジョイ
3/2(木) ハルチカ(2017年3月4日劇場公開)
ロケ地:静岡市清水区

ゲスト:市井 昌秀(映画監督)
MC:神田えりこ(フリーアナウンサー)
会場:MOVIX清水 TEL.054-355-1400

物語の舞台は清水!遂にアニメから映画実写版になって登場!


市井 昌秀(いちい まさひで)

1976年、富山県生まれ。2004年、初の長編作品となる自主映画『隼(はやぶさ)』が、2006年第28回ぴあフィルムフェスティバルで準グランプリと技術賞を受賞。2013年『箱入り息子の恋』では日本映画監督協会新人賞に輝き、劇場大ヒットも記録した。

MC:神田えりこ(フリーアナウンサー)


上映日時:2017年3月2日(木)18:30~
※上映終了後に舞台挨拶あり

鑑賞チケット料金:通常の窓口料金です。(全席指定席)

途中入場不可、各種割引・招待券使用不可
◆インターネットチケット販売
1月28日(土)0:00~(=1月27日(金)24:00)
◆劇場窓口
1月28日(土)劇場オープン時~(残席ある場合のみ)



来年以降の継続の為にも、広くご意見をいただければと思います。
上記イベントに参加された方は、下記よりアンケートにご協力ください。
なお、このアンケートでは個人が特定される情報は取得いたしません。

配給:KADOKAWA